So-net無料ブログ作成
検索選択

B面 『レスラー』 ひとつの芸しかできない子馬が楽しく自由に野原を駆けるのを見たことあるかい

この映画の主人公・ランディはもっとうまく生きることができたのかもしれない。いや、ほんの些細なきっかけがあればきっとできたはずだ。しかし、彼はそうしなかった。引退の時期を逃し、寂れた町の体育館での身を削る流血プレー、唯一の家族である娘からは憎まれ、心を寄せるストリッパーとはすれ違いを起こしてしまう。だが、それはほんの些細なきっかけがあればそうはならなかったはずだし、やり直しだってきいたのだ。それにもかかわらず彼は引くことのできないリングを選んだ。それは決してレスラーの誇りからではなかっただろう。「苦痛なのは外の現実だ」と言い残しリングに上がった彼にそうさせたのは、自暴自棄にも近い、子供じみたイジケ心といったほうがいいのかもしれない。悪く言えば世間との折り合いの悪さからの逃避ですらある。『ブラック・スワン』のニナとは違い、彼の転落は望むものではなかった。だが、いったい誰が彼を笑えるだろうか?男は誰でもその人生でリングに立つ(うわ、クッサ)。しかし、それは栄光のリングではない。それは仕事だの夢だのと、果敢な挑戦を装った現実逃避であり、そこで当てられるスポットライトは実に滑稽だ。男達は皆リング、居場所を求め、貧者の一灯のごとき悲愴さで戦いに望むのだ。勇敢さなど後づけでしかない。しょうもなく全てを失ったランディのファイトは、物語の背景以上に、そういった私達の人生の背景が重なるが故に、どうしようもなく切なく愛おしいものとなるのである。
そしてこの転落した男・ランディを描くのに、リアルに転落したミッキー・ロークを起用するというのもまた素晴らしい。『ナインハーフ』でのプレイボーイっぶりでセックスシンボルと認知されたにも関わらず、その後のイミフなボクサーデビュー、しかもすけすけパンツ着用で腰どころか肩も入ってないような猫パンチを繰り出し、果ては八百長疑惑まで囁かれてしまうというお粗末さ。ミッキーの転落はその後も留まるところを知らず、整形失敗にメタボ体型をゴシップ誌に撮られるわ、とりあえず運動と言えば坂を下り落ちてるだけなんで、そのうちネタにもならなくなってしまったほどだった。しかしだ、もはやどん底に落ちたと思いきや、次第にミッキーは何か妙なものを見せ始める。例えば『ドミノ』でキーラ・ナイトレイの先輩バウンティハンターを演じたミッキーだが、そのスクリーンに映っていたのは整形に失敗した顔ではなく、深い人生を刻んだ含蓄のある男の顔だった。その様は、かつては金ピカだったジッポが、使用されることで色はくすんだものの、逆にアンティークとしての独特の、人工的には決して造れない魅力を放つのにも似ている。『レスラー』でさもミッキーが突然カムバックしたかのように論じる人間がいるがとんでもない、彼のカムバックの為のポテンシャルは着々と吟醸されていたのだ。そしてミッキーはこの映画で説得力の塊となった。荒れた肌、歪んだ顔、皮膚の弛んだ、かつては張りのあったのだろうボディは、パイプ椅子に腰掛けうなだれるだけで場の雰囲気を造りだしてしまう。当初は主演としてはニコラス・ケイジの起用が予定されていたのだが、アロノフスキーが周囲の反対を押し退けミッキーを起用したのだという。そのため制作費を600万ドルに減らされ、公開日に封切した映画館は全米でたったの4館だったというが、彼のキャスティングに間違いはなかった。フットワークの軽さに加えて芯の通った映画作りをするとは、何ともプロ意識の高いことを伺わせてくれる監督だ。
この映画をジャンル分けするならば、これはプロレス映画、それも汗と涙と血とゲロにまみれたプロレス映画だ。そしてプロレスとは、バレエとは違った形での肉体言語による芸術だということを貴方はこの映画で知るだろう。DVDで二度観る時間のある方は、古舘伊知郎の実況を脳内で加えながらラストを「観戦」していただきたい。

「おおっと、今ランディがコーナーに登った!これは?フライングボディプレスか!?いや、これは違う!!腕の角度が違うッ!!これはッ!!かつてマディソンスクエアガーデンを熱狂させたッ!!ランディ“ザ・ラム”ロビンソンの、リアル・アメリカンの必殺技!!「ラム・ジャム」だッッッッッ!!!今まさに!!20年前の今日、ジ・アヤトラーを下した羊の角がッッッ!!!時を越えて再びアヤトラーに突き刺さる~~~~!!!!」

最後のカットで映画を止めてはならない。胸が引き裂かれる程の悲愴と興奮の坩堝の後、スタッフロールで流れるプルース・スプリングスティーンのエンディング・テーマが醸し出す、激しい射精の後のような倦怠感の心地良さもこの作品の一部だからだ。差別的であろうとかまわない。美しき転落と堕落、男のみに許された境地がそこにある。

http://www.youtube.com/watch?v=TD7hq_PpgtM









レスラー スペシャル・エディション [DVD]

レスラー スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。