So-net無料ブログ作成
検索選択

『モンスターズ・ユニバーシティ』/夢の残骸に埋もれないために

 ピクサー作品の魅力には端的に戯画化され、しかしなおも損なわれない物語の深さが挙げられる。『カールじいさんの空飛ぶ家』での序盤数分での人生の描写はその最たるものだ。今作でもその技は色あせず、OPの主人公マイク・ワゾースキーのボッチっぷり、「できない子」でありながらも健気で前向きな少年の描写は数分で観客を惹きつけ、マイクのことを我々に好きにさせずにはいられない卓越さだった。さらにマイクに突きつけられる絶望、不器用な夢追い人でありながらも計画性を持って努力をし、そして不正を好まない彼が、友の優しさゆえに最も傷つく形で現実に直面するというストーリーラインは、コミカルに描かれながらも『ベルセレク』における蝕並の悲壮感があり、サリーが人間界で行方不明になったマイクの肩を掴もうとするとき、もしマイクがベヘリットを持っていたならばゴッド・ハンドを呼び出していたのではないかと心配するほどの見事な作りである。

 そんな描写力と同様に感銘を受けざるを得ないのが、以前『トイ・ストーリー3』でも言及した声優起用の卓越さだろう。今回もこの声優起用の卓越さがこの作品を大人もひっそりと涙できる傑作にしてくれている。数年前、マイク役を務めた爆笑問題の田中裕二が、業界から干され仕事が激減した時期に、相方・太田光の才能に自信があったので芸人を続けてられたのだと雑誌インタビューで応えていたことがあった。子供の頃のプロ野球選手、6大学を卒業してアナウンサーと、自分を中心にした夢は潰えたが、相方と二人で歩み続け、そしてスポットライトを掴むことに成功した彼のそんな人生が、現実を突きつけられ、そこから再起するマイクというキャラクターシンクロし、この物語に深みを与えているのである。

 圧倒的な現実は人の夢を踏みにじる。そんな現実を突きつけられたとき、人はどう立ち上がり得るのか。子供は人生の深さ難しさを学び、そして大人はかつての、もしくは現在の自分を重ね合わせ共感することができるだろう。脚本、映像、演出、声優と、あらゆる方向からテコ入れし、優れた人生の縮図を作り上げたピクサーの技術には相変わらず唸らずにはいられない。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

堀越ヨッシー

はじめまして。
田中裕二さんのバックグラウンドとマイクの関連性、興味深く読ませて頂きました。単純にお芝居としての素晴らしさだけで吹き替えを見ていましたが、なるほど、そうした田中さんの過去の背景を認識しながら作品を鑑賞すると、また違った味わいがありますね。
大変参考になりました、ありがとうございました!(^皿^)>。
by 堀越ヨッシー (2013-08-20 08:43) 

speckled_monkey

コメントありがとうございます。
そうですね、なので自分はマイクとサリーが湖畔でたたずむシーンを胸が張り裂けそうな気持ちで見ていました。元々は容姿だけで選んだのかもしれませんが、ニモといいインクレディブルといいピクサーの声優起用は素晴らしいです。
そして申し訳ありませんがブログに脱字が結構目立ちます。何度やり直してもなおらないのですが……なんででしょうね。下書きでは一応、
第一パラグラフの5行目「な夢追い人」→「不器用な夢追い人」
第二パラグラフの5行目「の頃の選手、6を卒業してと、」→「子供の頃の野球の選手、6大学を卒業してアナウンサーと、」
となっているのですが……。

重ねてコメントありがとうございます。
by speckled_monkey (2013-08-20 14:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。