So-net無料ブログ作成
検索選択

思い出し日記②夢つき

 一人の男がいた。そいつはパーラメントの香りを身にまとい、ドングリのように丸々とした太い眼光でこちらをじっと見据え、時代と場所を超えた壮大な物語を、その口から流れるように話し続けた。
 僕の職場の先輩Fさん、彼は湘南の生活に憧れたという理由で生まれ故郷の沖縄を後にし、某有名私大に受かった後は学費と生活費を稼ぐため、バーで出会った女の相談を聞くフリをしながら風呂に沈むよう誘導しその上前をいただき、しかしその大学は中退してバッグパッカーで世界を旅行し、アメリカ滞在時にヤンキーに絡まれた際には仲間と空手の構えをとって「アチョー!」と叫んだだけでそのヤンキー共を屈服させ今ではそいつらと飲み仲間、ちなみにそのヤンキーの一人はジェロと親戚、日本に帰国した後は愛しさと切なさと心強さをいつも感じている女優と飲み仲間になり水曜の加減を伺ってる俳優とは気さくに話し合う仲、あとレミオロメンの「3月9日」は彼の従兄弟の結婚式のために作られたのだという。彼はまさに人生そのものがグレート・ジャーニーのような男だった。

 まぁ、全部嘘なのだけど。

 彼の言ったことの何から何までが嘘なのかは分からない。しかし学歴はおろか、家族構成、生まれ故郷をも偽っていた彼は、もしかしたら自分ですら何が嘘か分からなくなっていたのかもしれない。同僚は言う。
「あいつは病気だよ」
「虚言癖というやつだ」
 最初は興味深く彼の話を聞いていた職場の新人たちも、やがては彼の発言のつじつまの合わなさに気づき離れていく。彼は次第に孤立していった。
 しかしここで一つのことを問いたくもなる。嘘というのは、罪なのだろうか?もちろん、人を騙すのは不誠実ではあろう。しかし彼の嘘のように嘘と分かりきって聞く嘘、それはいわゆるフィクションと呼ぶべきものではないか。

 僕は思う、彼は嘘つきじゃなかった、夢つきだったのだと。職場で暇な時間、僕は彼と世界中を旅行した。チベットの鳥葬、聞いたことのない言語学の学説、彼の話術は堂に入っていて、その空間には凄まじいリアリティがあった。テレビ番組や映画の話しなどをする時には、例えこちらも同じものを見ていたとしても、彼から聞く脚色の入った話しの方がより魅力的で面白かった。

 嘘か本当か白か黒か1か0か、法律番組が流行り訴訟件数が増える中、時代が求めているのはそんな結論なのかもしれない。しかし、ほら吹き男爵ミュンヘハウゼン侯がいた時代のように、そいういった人々が憎まれず、むしろ愛されてしまうような、底抜けにおおらかな時代と場所が、かつてこの世界のどこかにはあったはずだ。そしてなにより、そんな境界線の狭間でこそ、文化というものは生まれ続けてきたのではないか。自分の生まれてもいない時代に思いを馳せても仕方がないが、何だか段々と、この国がフィクションを本気で楽しみながらも現実と区別する器用さを失いつつあり、結果冗談さえも分からなくなってくるのではないか。ノイジーマイノリティが力を持ち、表現規制が進む昨今、そんな一抹の不安を感じずにはいられないのだ。

 ほら吹き男爵を抹殺した世界、それは驚くほどの色彩のない退屈な世界だというのに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『なんちゃって家族』/知性すら感じさせる下品さ

 ある雑誌で在邦ロシア人がこう語っていた。
「日本はスラングのバリエーションが少ないのが素晴らしいですよね。ロシアにはスラングの辞書さえあって、それはとても恥ずべき事だと思っています」

 確かにスラングが少ないというのは上品なことであり良いことなのかもしれない。日本人はそれを誇りに思ってもいいだろう。しかし、である。この映画『なんちゃって家族』を観てしまったならば、そんな美徳のために越える事のできないユーモアの壁が、我々(日本人)と彼ら(欧米人)の間に立ちはだかってしまっていることを痛感させられるはずだ。息をつかせぬスラングと皮肉の応酬、いったいこの民族は上手く人を罵れることにどれほどの情熱を費やしているのだろうかと呆れんばかりである。しかもそれが悔しいほどに面白いのだ。

 とにかくこの映画、下品が過ぎるものの台詞の一つ一つがウィットにとんでいて実に瑞々しい。例えば親から性的虐待を受けている家出少女に主人公が「俺は『プレシャス』のDVDなんて観たことない!」と言い放つのだが、その文脈の凄まじさに至っては語るも野暮だろう。ゲスとゲスの泥濘に咲き誇るそユーモアの花々は、我々日本人には永遠に手に入らないのではないかという程に遠く美しくもある。メキシコからヤクを運ぶために作り上げられた偽装家族の珍道中のはずが、それを観る私の目は70年代の理想的な白人の中流家庭を描いたドラマ観る田舎っぺのそれだったに違いない。

 映画サイトのレビューを観ると「下品」のキーワードがやたら目に付くので、単館系のキワモノ映画のような印象が拭えないかもしれない。しかし偽装家族の長女を演じるエマ・ロバーツ(ジュリア・ロバーツの姪っ子)や、その弟役のウィル・ポールター(リトル・ランボーズ、ナルニアで絶賛された子役)と、何気にこれから注目されるだろう若手も出演したりしているので、映画ファンは是非ともチェックしておいた方が良い作品だと言えるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「旬の素材を贅沢に使ってます」/アメリカン・ハッスル

 FBIが天才詐欺師とコンビを組んで大物政治家を逮捕した「アブスキャム作戦」、この全米を震撼させた衝撃の実話を遂に映画化!……こんな文句煽りだけでも下地は十分なのだが、そんなストーリーを補強する俳優人がまた凄まじい。今や名優と名指ししても誰も異論を唱えないだろうクリスチャン・ベイル(今回のために20キロの増量!)、化粧とライトの当て方次第で美女にも醜女にも変身するエイミー・アダムス(今回もビッチ!)、数々の賞にノミネートされるなど着実にキャリアを積み重ねつつあるブラッドリー・クーパー(残念なイケメン全米代表!)、『ハンガーゲーム』のヒロインの面影など皆無なメンヘラを演じたジェニファー・ローレンス(殴りたくなるほどのクソビッチ!)、説明不要のロバート・デ・ニーロ(いるだけで怖ぇよ!)、クレジットを見るだけでもその豪華さに期待膨らんでしまうのだが、そんな彼らが織りなすこの騙し合いの交響曲は、詐欺に加えて恋愛の駆け引きも絡んできてしまい、うっかり気を抜いてしまうと自分が何を観ているのか良い意味で分からなくなってしまうのである。まさにヘルタースケルター、お祭り騒ぎのエンターテーメントといった感じの作品だ。

 しかしこの監督、『ザ・ファイター』でもそうだったのだが、相変わらずビッチを撮るのが上手いこと上手いこと。我の強い相棒エイミー・アダムスと詐欺師さえもお手上げのメンヘラ女房・ジェニファー・ローレンスに挟まれて、クズ野郎の主人公アーヴィン(ベイル)や功名に先走るリッチー(クーパー)が何だか可哀想になってきてしまうのだ。自分がゲイである可能性は全力で否定するが、セクシーな男達が精神的に追いつめられていく様は母性本能をくすぐられずにはいられない。引用の曲がマニアック過ぎてネイティブにしか面白みがわからないという声もあるようだが、まあ何となくの雰囲気はつかめるはずだ。

 極上のストーリーに極上のキャスティング、ちょいとこじつけのハッピーエンド感があるものの、きらびやかな銀幕の世界を純粋に楽しませてくれる逸品だ、一つ景気づけに劇場へと足を運んでみてはいかがだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。